コロナウィルスで2020年から在宅ワークが増え、金銭的な困難もあり、在宅でスマホを用いた副業をしたいと考える人も多いのではないでしょうか。そんな女性にはチャットレディーがお勧めです。

しかし、そうは言ってもチャットレディーをして誰かにばれたら困る、と考える人もいるのではないでしょうか。確かにノンアダルトとは言え、公にはしにくい副業だからこそ、気をつけるべきところがあります。ここでは、身バレしないための方法をいくつか紹介します。

写真を設定しておいた方が良いですが、顔全部を入れる必要はありません。写真はある程度きちんと設定しておいた方が顧客がつきやすいので、顔写真を設定しておいた方が安心です。しかし、例えば顔の上半分を入れない、あるいは下半分も入れないなど、顔の一部分を隠しておくことがポイントです。

もしも二重で目立つ、顔にほくろがある、などということであれば、より特徴のある方を隠しましょう。ほくろなどはしっかり見ている人もいますので、顔のほくろなどを隠さなければバレてしまう可能性が高まります。そのため、顔のほくろやあざはきれいに隠しておきましょう。逆に。このようなものは写真アプリなどでも隠せますので、隠した上で敢えて写真で見せることも身バレ防止には効果的です。

住んでいる地域はある程度設定をしておいた方が良いです。実際に住んでいる地域を秘密に設定している女性は多いですが、それだと秘密があるように見えてしまい、男性からあまり良いイメージがありません。そのため、嘘でも良いですから住んでいる地域を設定しておきましょう。ただし、全然知らない地域に設定してしまうと話題に困りますので、知っている地域を設定しておいた方が安心です。

そしてキャラ設定をしておきましょう。確かに本音で話す事は大切ですが、例えば家族や職業等について本当のことを話す必要はありません。また、逆に話したくないということもあるでしょう。

しかし、わざとはぐらかしてしまえば、男性には不信感として残ってしまいます。そのため、キャラ設定をしておくと話がしやすくなります。自分はどのような家族を持っていてどのような仕事をしているのか、無理のない程度で設定しておきましょう。例えば、専業主婦で昼間でもログインできる人が「看護師」などと言ってしまうと、「でも昼間でもログインしてるよね」などと言われてしまうリスクが高まるので、それなら「在宅ワークをしている」など言っておいた方が良いでしょう。

ちなみに、看護師や客室乗務員、モデルなどは多くの女性がキャラ設定として使う職業なので、これらは避けた方が違和感がないかもしれません。