副業にて、海外FXが定着していますが、中には無登録で海外FX事業を運営している事業者も存在しています。
ですが、現在では、無許可の海外FX事業者は減少しつつあります。何故、無登録の海外FX事業者が減少しているのかですが簡潔に申し上げますと、海外FXは2020年年あたりから伸び悩んでおり、その理由はすでに安全性が認められないということが判明し始めており、詐欺であるという声がすでに定着しているからであると言われています。

まず、無許可の海外FX事業者の詐欺被害が増えたのは、実は2009年から増加したため、10年以上前から詐欺被害は出ていたのです。
要は10年も前から同じ手口で無許可の海外FX事業者は運営を続けており、同じような手口で運営を続けているため多くの詐欺被害と手口が公開されているため、言ってしまえば、海外FX自体があまりにも必死に集客をしているため、怪しまれており、すでに副業コンテンツとしては旬を過ぎたと言えるのです。

旬を過ぎたコンテンツという物は、人が集まりにくくなり、人を集めるためにはあえて軍資金を与えることで人を集めるという手法をとるしかありません。
ですが、この方法、普通の人であれば怪しく感じることが多いのです。何故なら、通常、お金を与えてそのお金を利用して取引をして貰い、多くの収入を得た場合一般の人々の考えにおいては資産を第3者に取られても仕方何のではないかと感じるからです。

何故、ただで資金を得られるのかということを追求した場合、とても恐ろしいことなのではないかと考えるのが普通で、得られる軍資金ボーナスが増えれば増えるほど恐ろしいことなのではないかと普通の方は思うのです。
しかも、現在、海外FX事業者自体が飽和状態であるため、競争率が高くキャンペーン自体の軍資金提供額が増えていてもおそらく取引自体が成立しない事業者も増加しているため軍資金を得ても動かすことができない取引ばかりで結局は収入を増やすことができないということも考えられます。

以上が無登録の海外FX事業者が減少していく理由になりますが、現在では口コミにて安全であるかどうかが分かりますし、その上でなぜキャンペーンを強気に開催している無許可の海外FX事業者が増えているかなどを考えていくと、実は利用者は増えていないのではないかという思惑が見えており、そうした情報はインターネット上から伝わりますので無登録の海外FX事業者が減少していくのは安全性が確立されていないが故、利用者がどんなに魅力的なキャンペーンを見ても利用しないということです。